のびがわのブログ

ブログ始めました。ゆるりとまったりと・・・好きな物や好きな事、気になることなどを日記感覚で綴っていきます。

来年の手帳を決める楽しみ

みなさん、こんばんは。

 

今年もあと2ヶ月を切り、来年の準備をし始める時期が来ました。

年末に向けて今年の残り物を処理すると共に来年に向けて買うものがあります。

 

この時期の一大イベントが「来年の手帳をどれにするか?」。

 

自分が本格的に手帳を使い始めたのが21歳の時。

それまで予定はキャンパスノートのA6版に適当にだらだらと書いていました。

 

当時の自分はファーストフード店で働いていていました。

店長代理としてシフトは早番か遅番で、他にあまり予定がありませんでした。

というより、シフト表とキャンパスノートに予定を書けばそれだけで十分な生活を過ごしていたんです。

 

転機になったのは、仕事での社員会議に参加してからです。

その時の営業部長がやり手でその人から手帳を持てと言われてからです。

 

冬のボーナスも入った時だったので会議の帰りに渋谷のロフトで早速買いました。

当時買ったのダヴィンチの手帳。

バインダー・リフィールなどで2万円くらいした記憶があります。

 

あれから毎年11月に入ると文房具屋に行き手帳を物色します。

この時間が楽しいんですよね。

 

そんなわけで今年も来年の手帳をどれにするか物色中。

 

ここ何年かはフランクリン・プランナーを使っています。

 

フランクリン・プランナーは簡単に言えば「7つの習慣」を実践する手助けになる手帳です。

時間の管理というよりも、行動の管理に近いツールですね。

 

www.franklinplanner.co.jp

 

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

 

  

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る
 

 

フランクリン・プランナーの好きなところは自分の人生での役割や価値観を中心に予定を立てていく手助けをしてくれるところですね。

まあ、「7つの習慣」を理解して実践できればフランクリン・プランナーじゃなくてもいいのですけど。

2004年から使い始めて浮気しながらも結局これにたどり着くくらい愛着があります。

 

バインダー式か綴じ手帳にするかで迷いますが、今年は迷わず綴じ手帳を買いました。

安いし、綴じ手帳の方が書きやすいからというのもあります。

  

 

来年もフランクリン・プランナーが最有力候補です。

ただ、ちょいと不満なのは広げるとこんな状態になること。

f:id:nobigawa1022:20161104021310j:plain

 これを綴じるとこんな感じになります。

f:id:nobigawa1022:20161104021601j:plain

手帳を閉じるたびに直さないとどんどん酷くなります。

なんか形がいびつになるんですよね・・・

 

来年は他の手帳にしようかな。

 

ほぼ日手帳も気になります。

www.1101.com

 

友達でほぼ日手帳を使っている人がいないのがなぁ・・・

ほぼ日手帳使っている人の感想が知りたいです。

 

あ、気がつくともうこんな時間。

少し寝ます。

 

では、また。

 

野菜、たっか!!

みなさん、こんばんは。

 

最近、買い物をしていて思った事。

 

野菜が高い!!

 

他にも色々と値段が上がったものがあります。

でも、野菜の価格高騰ほど衝撃なものはありません。

 

特にキャベツやレタスは高すぎます。

 

確か昨年だとレタスもキャベツも一玉100円台だったはず。

今はキャベツ一玉300円近く

レタスはバラで300円近く。

キュウリは1本80円。

シャレになりません。

 

野菜をどれだけ摂れるかが重要だと思っている自分には驚き。

 

そして、野菜高騰でこんなところに影響もあります。

headlines.yahoo.co.jp

 

確かに春ごろに比べて倍以上の値段になったら影響が大きいですよね。

サラダバーを提供している店はどうなんでしょうね。

気になるところです。

 

そういえば某大手ファミレスの宅配サービスのメニューで

「レタス不足の為、レタスにキャベツを混ぜて提供する場合がございます。」

という表記があったのを思い出しました。

 

今後、野菜の値段はどうなるのでしょうか。

 

毎年11月は野菜相場が安値になる傾向とのこと。

市場では値段を下げているようです。

www.tsukasaweb.jp

 

これから寒くなり鍋のシーズンでもあります。

ここら辺で落ち着いてほしいものです。

平年並みにまで戻ってくれたら嬉しいのですが。

 

では、また。

 

メンチカツでの集団食中毒事件

みなさん、こんばんは。

 

ここ何日かブログの更新をサボっていました。

ネタはあってもまとめるのに時間がかかるので手をつけていませんでした。

 

こういう気まぐれなところがよくないんですよね・・・

直していきたい性格です。

 

さて、本題。

 

メンチカツ好きにはショックな事件

 

自分は揚げ物が結構好きです。

でも、自炊をする場合は揚げ物は作っていません。

買い物でおかずを買うときは揚げ物が増えてしまっています。

 

揚げ物で好きなものはメンチカツ。

某ファーストフード店で働いていた時に販売していたメンチカツバーガーから自分のメンチカツブームが来ています。

あれから18年近く経ちますが、そのブームはまだまだ続いています。

 

そんなメンチカツ好きな自分が気になったニュースがこれ。

www3.nhk.or.jp

 

冷凍メンチカツからO-157が検出されて子供たちが食中毒の症状を訴えた事件です。

保健所の調査だと販売前の商品からもO-157が検出されたとのこと。

 

O-157の感染経路をしっかり調査して欲しいものです。

 

O-157での食中毒事件で1番印象に残っているケース

O-157での集団食中毒事件は頻繁に起こっています。

ウィキペディアを見ると被害者が死亡しているケースもあります。

O157 - Wikipedia

 

自分の中で一番印象に残っているのは

ジャック・イン・ザ・ボックスの集団大腸菌感染事件」です。

ジャック・イン・ザ・ボックスの大腸菌集団感染 - Wikipedia

ジャック・イン・ザ・ボックスの大腸菌集団感染は、1993年アメリカハンバーガーチェーンジャック・イン・ザ・ボックス英語版」において、ハンバーガーに使われていたビーフパティを生焼けのまま使用したことによって732人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒事件[1][2][3]

 

会社・店舗の管理体制がずさんで州の基準を満たした調理をせずにO-157に感染した肉を使ったハンバーガーを出してしまったということです。

この事件以来、ハンバーガーチェーンの基準が厳しくなったのは言うまでもありません。

 

O-157の撃退方法

よく言われるのが「中心部を75℃以上で1分以上加熱する」ことです。

冷凍食品であれば細菌は増えなくとも死んでいないので

常温の肉よりも十分に加熱しないといけません。

 

終わりに

今回の事件の販売元ですが、店舗を見た限りではしっかりとしたイメージがあります。

製造元も定期的に消毒をしているとの報道です。

でも、販売前の商品から既に感染しているということはいくら十分に加熱してもダメだったのかもしれません。

 

O-157のことを考えるとメンチカツを食べることを躊躇してしまいそうですが・・・

自分はそれでも食べたいですね。

揚げ物は基本的に自分で調理しないで調理済みの商品を買うので以下のことを心がけていこうと思っています。

  • 加工済みの冷凍食品を買うのを控える。
  • 信頼できる店の商品を買うようにする。
  • あえて一度レンジなどでよく温める。
  • 調子が悪い時は食べるのを控える。

揚げ物は安全というイメージがあったので、それを疑うところから入ろうと思います。

 

今回の事件で被害を受けた方の早期回復を願っています。

それと、感染経路や流通経路、製造状態などを詳細が判明して二度と起こらないようにして行って欲しいものです。

 

では、また。