のびがわのブログ

ブログ始めました。ゆるりとまったりと・・・好きな物や好きな事、気になることなどを日記感覚で綴っていきます。

「気まずいことが起こりそうな時」って意外と少ない?

みなさん、こんにちは。

 

玄関の右側にある小窓をずっと開けっ放しにしていると風水的に良くないとか。

開けっ放しにする時はカーテンなどをつけて流れを遮るといいみたいです。

 

風水を意識すると今まで何も考えずに生きてきた自分のことが

否定されているようで切なくなります。

風水が全て正しいのなら全ての基準が風水を中心になっていくから

そうなっていないということはそういうことなんでしょう。

 

さて、本題ですが・・・

みなさんは気まずい瞬間が起こりそうな時どうしますか?

 

エレベーターの中でオナラをしそうになった時。

道で人とすれ違おうとする時に

相手がスマホを凝視してこちらに気づいていない時。

などなど。

 

よく考えたら気まずい瞬間が起こりそうな時って意外にも少ないというか

気まずいことが起こってはじめてそのタイミングを意識すると思います。

つまり、その時にならないとわからないし

その時にはすでにもう気まずいわけです。

 

ん、自分で何を言っているのかわからなくなってきました。

 

まあ、言いたいことは

気まずいことが嫌だ」と言うこと。

 

ファストフード店で接客をしてくれた女性が可愛くて見つめたら

たまたま目が合って怪訝そうにされた時。

 

友達とラーメン屋の行列に並んでいざ自分たちの順番が来た時に

「あと1人分だけしかないです」と言われた時。

 

あと一駅で目的の駅に着く電車が人身事故でとまってしまった時。

 

大して何も考えずに友達のハゲをdisる会話をしてしまった時。

 

起こってしまったことに対しては結構記憶に残るのに

起こる前のことは意外とスルーしている自分がいます。

 

とはいえ気まずいことに対してビクビクしながら生きるのも嫌なので

考えられる準備をしたらあとはあまり深く考えずに行動したいですね。

 

では、また。