読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびがわのブログ

ブログ始めました。ゆるりとまったりと・・・好きな物や好きな事、気になることなどを日記感覚で綴っていきます。

安全確認

みなさん、おはようございます。



珍しく、バイクを運転する夢を見ました。

しかも、交通事故が起きるというレアなケースです。

交通事故の夢

信号待ちしていたらトラックに追突されるという

大怪我不可避の事故でした。

そのまま左前に吹っ飛んで体操の白井さんばりに

体をひねって壁にぶつかりました。

で、痛みがなくて

「ん、何で痛くないんだ?」

というところで目覚めるというものでした。



目が覚めた時に結構な汗をかいていたので

自分としては悪夢だったのかも。

自分に過失はなかったので

こう言う夢を覚えているのは正直辛いです。

交通事故の遭遇する確率

過去に自分は3回交通事故に遭遇しています。

これは単純に結構事故に遭っていると思います。

では、実際人生で交通事故に遭遇する確率は

どのくらいなんでしょう。

そこで参考になる記事を発見したので紹介します。

人生80年としたときに、80年の間で交通事故に遭遇する確率だと、どうでしょうか・・・
年間の負傷者数を910,000人、日本の人口を125,750,000人として、計算してみましょう。
(車によく乗る方や、住んでいる場所の道路事情などにより、大きな偏りがあると思われますが、日本全国で平均した場合の確率として計算します。)
①1年の間に交通事故に遭遇しない確率をaとすると
a = 1 - (1年の間に事故に遭遇する確率)
 = 1 -(910,000 ÷ 125,750,000)
 = 0.9928...
つまり、99.3%の確率で、1年間交通事故に遭遇しない、ということです。
②毎年同じ確率で交通事故に遭遇しないとしたら、80年間交通事故に遭遇しない確率をbとすると
80回99.3%の確率で遭遇しないので、
b = a × a × a ×・・・・× a   (80回かける)
 = a 80 (80乗)
 = 0.5593...
55.9%の確率で80年間交通事故に遭遇しない、ということです。
つまり、80年の間に交通事故に遭遇する確率は、44.1%というになります。二人に一人とまではいきませんが、4人家族であれば一人か二人は、人生の間に交通事故に遭遇して負傷するということですね。こうなると、自分は遭遇しない・・・とは言いにくいくらいの確率です。

一生のうちに交通事故に遭遇する確率 / マーケティングブログ(データベース・CRM・コールセンター) / 株式会社ランドスケイプ

データは古い(2009年)ですが、大差はないと思います。

ここから

  • 1年間で考えれば交通事故に遭うことはほとんどない。
  • 2人に1人は人生で一度交通事故に遭っている。


ということになります。

自分の事故について

脱線しましたが・・・

自分は10年に1度は事故に遭っています。

全て自分がバイクに乗っていての事故です。

その内訳は

  1. 交差点のない道路で右折中対向車に突っ込まれる。
  2. 車の後ろについて信号待ちをしていたら車に追突される。
  3. 直進中、前の車がウィンカーつけず左折してブレーキが間に合わずぶつかる。


過失で言えば

  1. 50:50
  2. 0:100
  3. 0:100


3.に関してはこちらの前方不注意で過失がありました。

ですが、相手がスマホを使っているのが見えていたし

運転も車間がおかしかったのでそれを終始主張していたら

相手も認めてくれて過失0になりました。


というか、相手方はもう免停寸前だったようで・・・

どう考えても運転しちゃダメでしょ、という人でした。

f:id:nobigawa1022:20161005125300j:plain

1.の過失はトータルで27万円近くでした。

当時はまだ19歳で任意保険の重要性を甘く見ていて

自賠責保険での請求やら何やらが大変だった記憶があります。


安全確認の3つのポイント

自分も過失のある交通事故を起こして思ったことは

安全確認って大事だということ。



避けられる事故は安全確認をするだけで

少しは回避できます。


とは言っても安全確認ばかりで萎縮した運転も良くないです。

  • 適切なスピード
  • 適切な車間距離
  • 事故が起こるようなケースを知る


この 3つが大事だと言えます。

これができれば例え事故があったとしても

被害は最小限になるでしょう。

勿論、相手がいるので運の要素もありますが・・・



久しぶりに鮮明に記憶に残る夢を見たので記事にしてみました。

では、また。