読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびがわのブログ

ブログ始めました。ゆるりとまったりと・・・好きな物や好きな事、気になることなどを日記感覚で綴っていきます。

労災認定の件

みなさん、こんばんは。



今日もとてもいい天気ですね。

冬服をひたすら洗濯しました。



さて、本題。

ちょっと気になる記事を見つけました。

電通の女性社員を労災認定=入社9カ月、過労で自殺

大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が昨年12月に自殺し、三田労働基準監督署が労災認定していたことが7日、分かった。

 認定は9月30日付。

 遺族や代理人弁護士によると、高橋さんは昨年4月に電通に入社。同6月からダイレクトマーケティング・ビジネス局デジタル・アカウント部(当時)に配属され、インターネット広告を担当していた。

電通の女性社員を労災認定=入社9カ月、過労で自殺 (時事通信) - Yahoo!ニュース


新入社員の自殺がなくならないですね。

労災認定されましたが、死んだ人が生き返ることはありません。

本当に胸が苦しくなる記事です。

「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」

自動車火災保険やFX証券を担当し、本採用となった同10月以降、労使協定で定めた上限の70時間を大幅に超える残業が続いていた。上司からは「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「目が充血したまま出勤するな」などと叱責されていたという。

 高橋さんは同10月以降、自身のツイッターに「本気で死んでしまいたい」「朝起きたくない」などと頻繁に書き込むようになり、同12月25日に住んでいた寮から飛び降りて自殺した。

電通の女性社員を労災認定=入社9カ月、過労で自殺 (時事通信) - Yahoo!ニュース


普段から残業が常態化していたのがイメージできます。

そんな中睡眠時間もまともに取れず必死に仕事をしていたのに

暴言を吐かれるのは精神的には相当きついと思います。



12月25日に自殺をするということがどんな意味を示すか。

東大卒エリートの挫折が目に見えます。


過労死に思う

自分は(電通ではないけど)さっさと辞めた

自分は以前の職場で上司がその上の役職の人から

激しいパワハラを受けているのを見ていました。

暴言の中には仕事とは関係ないことでも叩かれていて

よく辞めないなと思いました。



その上司と働いてわかったのは

「この職場で働いていたらおかしくなる」

ということでした。



自分のサービス残業も1日2時間はあったし

コンプライアンス的に問題があることをやらされたり・・・

今思えば早く辞めて良かったです。



電通は過去に過労死が労災認定されることがあり

過酷な労働環境であるとイメージできます。

自分は電通ではありませんが、ブラック企業として

有名な職場でした。

さっさと辞める選択肢を取ることで

過労死をしなかったと思っています。

辞めるという選択肢

今の職場を辞めるという選択肢をするのは

人によっては難しいものです。

というのも、日本はまだ転職歴が多い人を

過小評価する環境が残っています。



自殺をする勇気がない自分からすると

自殺をすることで現状を変えることはすごいと思います。


でも、辞めることで現状を変えることもできたような・・・

もしかしたら、誰にも相談できなかったのかもしれません。

最後に

自分は電通のような会社には働けないです。

ですが、もし自分と縁する人が死にたくなるような悩みを持っていたら

できる限りのフォローをしていきたいと思います。



では、また。